〜美肌の基本〜

角質は厚すぎず 薄すぎず。
肌の奥まで成分は浸透させない。
成分は浸透させても しみ・しわ・乾燥を引き起こす原因となるだけ。
消化器官ではないので、栄養・美容成分を吸収したりは、しない。
皮膚疾患の場合のみ 薬で角質をなくして 薬効を浸透させるのは良い。
医療行為だから。
肌に良い物は つけるより 食べなさい。
肌は 石鹸で洗う。
メイク落としは、純油 または、脂。
石鹸は素朴な石鹸に限定。
化粧水は 肌の奥まで浸透させないのだから シンプルなもの。
クリームも栄養成分入りは 無意味どころか マイナス。
若いうちから 顔を薬品漬けにしては
  肌のよほど強い人以外はあとで後悔するかも。
絹肌がぼろ雑巾に。
化粧品を使うと かえって調子が悪い方 試してみてください。
調子が 良くても 早くしわになります。
その証拠に 化粧水なしでは いられないはず。
今の化粧品は イメージ・夢を売っているものがほとんどです。
夢・幻です。
それを高いお金を出して買う価値がありますか?
人間の皮膚について 知れば 理解が出来ます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

化粧品は 3つに分けられる。
洗浄化粧品・・・クレンジング、石鹸
基礎化粧品・・・化粧水・クリーム
メイクアップ・・・ファンデ・ etc
建物に例えると、まず洗浄化粧品は、基礎
                             基礎化粧品は、骨組み
              メイクアップは、外壁
そう考えると 肌に与える影響が大きい順に上から並んでいることがわかる。
1番大事な 洗浄化粧品
のひとつ、クレンジング!
実は、これに 角質を溶かすものが入っている。
メイクを溶かして うかせて さっぱり!
一緒に角質もジワジワ溶かす。浸透しやすい肌になる。
代表的なものが オイルクレンジング。
誰かが老いるクレンジングと言ったのは 本当の話。
次にミルク・ジェル。
ビンを倒して 流れ出るものほど 良くないと考えても良い。
クリームが、マシだけれど、
厳密に言うと クレンジングとネーミングされるものは
ほとんど 良くないのです。
次に洗顔料・・・
洗うと つっぱらな〜い!的なものが 多い。
当然、角質を溶かす物 + つっぱらないよう 合成樹脂を入れているから。
合成樹脂は、たばこの フィルム・サランラップ
が溶けたような物です。
合成ポリマーって 聞いたことありますか?
コポリマー・カルボマー・ジメチコン・メチコン
あとシリコーンとか・・・
種類は 豊富です。
確かに顔に 薄いサランラップを張れば 蒸発しづらく、潤ったままですね。
ですが、これが 良くない。
角質は やがて剥がれていかなければ ならないのに、
サランラップで水浸しにされると、死ぬに死ねない。
=ターンオーバーが出来ない
=下から綺麗な肌が 生まれにくくなる。
=角化不全を起こす。(パラケラトーシス)
健康な肌とは 言えない状態です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

若く健康な肌は 水分が多くてみずみずしい。
だから それに近づくよう みな化粧水を浸透させようとする。
水分を含んで 一時的には 肌がふっくら、みずみずしくなりますが、
それは、肌が早く老化するだけです。
ティッシュペーパーに水を含ませれば、みずみずしく 
透明になりますが、乾いたらどうなりますか?
しわしわに なって 硬くなりますね。
みずみずしい赤ちゃんの肌が タオル要らずの 水のはじき具合がよいのは、
十分な皮脂が出ているからです。
若いうちは、皮脂の分泌も盛んで 水をはじくのですが、
今は 皮脂を取りすぎる洗浄剤の普及で、水が肌の上を 
横に薄くひろがり、あまり 水をはじかないという状態の方が、増えてきているようです。
今の出回っている洗浄剤は、強力な脱脂力なので、使えば、
すごくさっぱりして気持ちよく感じ、使用感は良いです。
ですが、あまり脱脂しすぎては、いけません。
みずみずしい肌は 表面が潤っていることではなく、皮膚の生きている内側が、
水分を多くかかえられ、皮脂で閉じられて、水分の蒸発を防いでいます。
皮膚は皮脂によって 守られないと 老化します。
皮脂の少ない肌は 新陳代謝が悪いと言えます。
健康で 美しい肌は 適度な角質と皮脂に守られている状態です。


About the owner

中村洋子

いつも有難うございます。 皆様の健康美肌を応援していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Mobile